うつパパ育児

うつパパ育児

うつ病のパパが綴る子育て生活

夜泣きでノイローゼになる前に試す寝かしつけ法、賛否両論「cry it out」の是非

f:id:utsupapaikuji:20190713114931j:plain

赤ちゃんの夜泣き、大変ですよね。

最初の頃はまあ分かる、赤ちゃんが栄養を取るために授乳をしないといけませんよね。

でも成長しても夜泣きで起こされ、ノイローゼ寸前。

世に出回ってる一日のリズム管理や睡眠前の儀式などなど、諸々試してもダメ。

我が家でも妻が発狂寸前でした。僕は睡眠薬を飲んでいるので深夜は対応できず。

そこで「cry it out」を試しました。

僕はAmazon の prime 会員なので、これをたまたま読んでいたときに知りました。

primeの方なら今無料で読めます。 

 

「cry it out」というのは赤ちゃんが寝た後パパやママは別室で待機し、赤ちゃんが起きて数分泣いた後、パパやママはちゃんといるよーって顔を見せに行く。徐々に数分の間隔を長くしていくというものです。数日繰り返すうちに赤ちゃんは夜起きても親がそばにいるということが分かり、朝まで寝る(起きるけど自分でまた眠る)ようになります。

(※赤ちゃんといっても生後6ヶ月以降に実施する手法のようです)

うちでも数日で朝まで寝るようになりました。

しかしこの手法、ネットでは賛否両論で、脳が壊れるとか怖いキーワードがヒットします。泣かせっぱなしなんてとんでもない!という辛辣な声もある。

 

しかし、この「cry it out」について調べると具体的に副作用は見当たりません。

 Five-year follow-up of harms and benefits of behavioral infant sleep intervention:       randomized trial. Price Anna M H, Wake Melissa, Ukoumunne Obioha C, Hiscock            Harriet Pediatrics2012Oct01Vol. 130issue(4)

 むしろこの上記の論文含め問題なしと報告するものが幾つか見つかりました。

一般的な寝かしつけを試してもダメであれば、その後試して良い手法と言えるでしょう。いや、ノイローゼになりそうなくらい疲弊しているのであれば、ダメになる前に試しましょう。

成功すれば身体的にも精神的にもママの負担は大きく減ることでしょう。

 

個人的には赤ちゃんにとっても、夜中に起きたときに不安になって泣くよりも、安心して朝まで眠れる方が良いとすら思います。

ただ「cry it out」を実施するにあたりママの心理的な抵抗は強いですね。

ウチの妻も待機している間に泣いていました。

パパの方が淡々とできるので、適任かもしれません。

休みの続く日に、パパと一緒にやりましょう。

 

夜泣きにノイローゼ寸前のママたち、

無用な罪悪感は不要。周りの責める声も気にしないでください。

安心できるよう論文を引っ張ってきました。

タイトルで検索してもらえば全文参照できると思います。

健闘を祈ります。